世間を騒がせた、芸能人の不倫事件簿

世間を騒がせた、芸能人の不倫事件簿

世間を賑わせる芸能ニュースやゴシップは、誰でも気になるトピックでTwitterやブログが炎上するほど話題になります。その中でも不倫でお騒がせした芸能人とその後をまとめてみました。
同情できる不倫愛もあれば、許せないと怒りに溢れる不倫愛。同じ不倫なのになぜこのような違いがあるのか、芸能人の不倫ニュースでおさらいしてみましょう!

乙武洋匡(元教員)×5人の女性

  1. 発生時期:2016年3月

ベストセラー「五体不満足」の作者で、元教員の経験を記した小説もテレビ化した乙武洋匡さんに不倫騒動が持ち上がった。保育園の運営にも携わるなど社会的にクリーンなイメージがあっただけに、「不倫騒動」と「不倫相手が5人」と報じられた。本人もすぐに事実を認め、乙武さんの妻による謝罪コメントなど素早い対応を行ったが逆効果。不倫された妻側からすれば、明らかに被害者。その被害者にコメントを出させたことに、女性の多くが拒否反応を示している。

桂文枝(落語家)×紫艶(演歌歌手)

  1. 発生時期:2016年3月

現在72歳の大物落語家の「不倫騒動」に、芸能界に激震が走ったのは2016年3月。しかも20年近く不倫関係にあったと暴露写真とともに、フライデーで報じられた。演歌歌手の紫艶が18歳の頃から20年近く続く不倫関係に、一部の男性達からは羨ましいという感想を持たれたのでは?一部報道ではすでに師匠側から手切れ金を支払ったとの情報もあり、新聞の見出しには「師匠、あなたもゲスだったのか」と「不倫とゲス」を並べて使うのは、時代の流行か。

宮崎謙介(議員)×M子(グラビアアイドル)

  1. 発生時期:2016年2月

男性議員の育児休暇取得で話題になり、イクメン議員として世の中の話題をさらった宮崎謙介議員。出産間近の妻が入院中に自宅マンションに不倫相手を招き入れ宿泊したと突然報じられた。若い子育て世代からは「イクメンの希望の星」としてもてはやされていたのが、突如LINEでやりとりした内容も流出し、国会議員を辞職する結末に。意外に知られていない事実として、宮崎議員は離婚経験ありのバツイチでした。

ベッキー(タレント)×川谷絵音(ゲスの極み乙女) 

  1. 発生時期:2016年1月

週刊文春で「不倫」が報じられた後、ベッキー側が「ただのお友達」として謝罪会見。芸能界からも人気者だったベッキーを擁護するコメントがあったが、その後二人のLINEでのやりとりが流出し、大炎上。「友達で押し通す」など謝罪会見とは裏腹な内容に芸能界でも総スカン状態。CMやテレビ・ラジオのレギュラーをすべて降板し、現は芸能活動はほぼ休止。

浜田雅功(ダウンタウン)×吉川麻衣子(グラビアアイドル)

  1. 発生時期:2015年10月

大物芸人ダウンタウンの浜ちゃんこと浜田雅功の写真週刊誌「フライデー」に2ショット写真が掲載され、不倫を報じられ芸能界に衝撃を与えた。番組内で不倫事件について浜ちゃんにつっこみが入れられるのは、相方の松本人志さんしかいなかった。妻でタレントの小川菜摘さんの対応が、「素晴らしい」と絶賛された。浜ちゃんの事件に対しての反省コメント「羽を伸ばしすぎて、へし折られました」は、名言。

矢口真里(元モーニング娘)×梅田賢三(元モデル)

  1. 発生時期:2013年

自宅での不倫現場を当時の夫(中村昌也)に発見されたと、週刊誌がスクープ。当時番組に引っ張りだこで人気だった矢口真里が、次々に番組を降板。その後芸能界復帰も果たしたが、以前ほどの番組出演はない様子。

山本モナ×二岡智宏(プロ野球選手)

  1. 発生時期:2008年

ホテルに入る場面を週刊誌にスクープとして報じられた。当時結婚3年目の新婚だった二岡選手、一軍復帰目前だったがこの件であっさり見送り。お互い「誘ったのは、そっちだ」と責任転嫁の泥試合を繰り広げました。巨人軍の中でも女性に人気があった二岡選手の不倫騒動だっただけに、世の中の女性野球選手ファンに衝撃を与えた。

山本モナ×細野豪志(議員)

  1. 発生時期:2006年

京都不倫旅行での「不倫キス画像」が、写真週刊誌「フラッシュ」に掲載。隠密不倫旅行の一部始終と、鮮明な「手つなぎ」「路チュー」写真は言い訳ができない証拠となりました。当時日テレアナウンサーだった山本モナは番組降板。2008年にふたたび野球選手との不倫報道で、すっかり有名になりました。

内村光良(ウッチャンナンチャン)×徳永有美

  1. 発生時期:2003年

当時テレビ朝日アナウンサーで結婚していた徳永有美と人気芸人ウッチャンこと内村光良さんの不倫は、現在2人の子供を産み幸せな家庭生活を築いており、不倫→縁結びの幸せな結果になったケース。一途な不倫愛が実を結んだ、憧れのカップルかもしれません。

糸井重里(コピーライター)×樋口可南子(女優)

  1. 発生時期:1982年

当時1歳の子供がいた糸井重里と樋口可南子との不倫が発覚。当時コピーライターとして大人気だった糸井さんと、テレビや映画に清純派女優として活躍するイメージとは正反対な不倫スクープに、芸能界に激震が走った。その後不倫関係は続き、前妻との離婚成立後1993年に正式に結婚。「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです」は、名言として語られている。

世間を騒がせた、芸能人の不倫事件簿

口コミを投稿する

世間を騒がせた、芸能人の不倫事件簿をみんなで共有しましょう!先生、復縁に強い先生、当たる先生などいろんな情報を書き込んで情報を交換しましょう!会社の批判や占い師さんを中傷するような書き込みは禁止しています。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)